学部・大学院

学部・大学院

花尾ゼミ

花尾ゼミの概要

学科

経営心理学科

ゼミの研究テーマ紹介

消費者行動の分析とマーケティング戦略立案
マーケティングとは、商品やサービスが売れ続ける仕組みを考え,実行していくプロセスです。競争の激しい現代において、消費者の行動や心理を把握せずに、売れる商品や効果的な戦略を生み出すことはできません。ゼミでは、マーケティングや消費者行動についての理論や分析手法について学んでいくとともに、身近な企業や商品のケースを取り上げ、消費者心理の分析や商品戦略、プロモーション方法などのマーケティング戦略を立案していきます。これまでは,コンビニの裏側、ロングセラーブランドの条件、アーティスト・マーケティング、ギャンブルの消費行動、キャラクターマーケティング戦略、コンビニスイーツ戦争分析など、さまざまなテーマに取り組み研究発表を行っています。


教員(花尾由香里)紹介

専門分野

消費者行動・マーケティング

教員の研究テーマ紹介

消費者のあいまいな認知傾向と購買行動への影響、商品のリスクとベネフィット認知と購買への影響etc.
私たちは、普段商品を購買する際、広告や商品表示などの商品情報を手掛かりにして、商品の良し悪しを推論したり、自分の好みに合うかどうかを判断したりしています。しかし、私たち消費者は、常に客観的に情報を認識して正確な判断をするわけではなく、最初に商品を見た時の印象や自分の思っている方向に判断も引きずられてしまうということがよくあります。企業が商品の良さを消費者に伝えたいと思っても、消費者の認知的な傾向を把握しておかなければ、十分なマーケティング効果が出せません。また、近年では、食品のリスクに対する関心が高まっていますが、リスクを排除することは、ベネフィットも失われてしまうということも想定されます。リスクとベネフィットを正しく判断し、商品を選択していくことが消費者にも求められています。このような現実的な問題に取り組み、消費者の認知的特性や心理を解明し、購買行動への影響を探ることが最近の研究テーマです。

教員から

ゼミでは、専門的な知識を習得することも大事ですが、学生と教員が双方に楽しみながら授業できることが重要であると考えています。消費者行動は日常生活に密着した、誰にでも身近な学問なので、興味を持った学生は、一緒に勉強していきましょう。

学生から

ゼミの雰囲気は和やかな感じで、先輩方もとても優しいので、初めてやるレジュメや研究テーマにも、真剣にやりながらも楽しく授業を進めています。年に数回行われる飲み会も参加し、先輩と後輩との交流を深めています。先生も気さくで、比較的自由な雰囲気ですが、自分で研究テーマに取り組む努力も必要です。頑張った分、得られる結果も大きいと思うので、大学生活をエンジョイできるゼミをぜひ選んで下さい。
2015東京富士祭ポスター
2016東京富士祭ポスター
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 高校教員の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 企業・地域の皆様へ
  • 在学生・教職員の方へ