NEWS

お知らせ
模擬講義体験記(4月22日)Part2

オープンキャンパスでは経営学科、イベントプロデュース学科、それぞれの教員が普段の講義をコンパクトにまとめ、模擬講義を行います。高校生の皆さんと年齢が近い学生広報スタッフにも模擬講義を受けてもらい、高校生目線で模擬講義の体験記を書いてもらいました。

 

イベントプロデュース学科の講義「オリンピック・パラリンピックが生みだす”新しいもの”」

 

岡星竜美先生(イベントプロデュース学科教授)

 

【岡星先生】「1964年の東京五輪では、イベントの新しい手法が生み出されました。例えば、閉会式のなし崩しです。」

 

 

【学生広報スタッフ】リオ五輪の時も選手たちがスマホで写真を撮ったりしていましたね。これが偶然から生まれた演出手法だったのには驚きです。

 

【岡星先生】「『ピクトグラムデザイン』も日本が初です。」

 

 

【学生広報スタッフ】言葉を使わなくても、これならどの国の人にも伝わりますね。

 

【岡星先生】「世界中の人々を招待するので、料理や通訳もしっかりと準備しました。」

 

【学生広報スタッフ】オリンピックは経済効果が注目されがちですが、技術や文化の発展にも貢献するということですね。2020年の東京オリンピック・パラリンピックはもうすぐです。ちなみに、オリンピックとパラリンピックを同じ年に開催したのも日本が初めてだそうですよ。次はどんな新しいものが出てくるのか、今からワクワクしますね。

 

◎次回以降のオープンキャンパスに興味をお持ちの方は「こちら

◎本学に関する総合的な情報をご希望の方は「こちら

オープンキャンパス・イベント