NEWS

お知らせ
【出張講義】性格と県民性について

東京富士大学は教員の研究成果を広く社会に還元するために様々な場所で出張講義を行っています。今回は経営学科教授の浮谷秀一が第一学院高等学校(立川キャンパス)に出張させて頂きました。

 

 

今回、浮谷がお話したテーマは「性格と県民性について」です。性格は遺伝(先天的)と環境(後天的)で形成されるということ、先天的理由・後天的理由から県民性が生み出されていること、性格や県民性を正しく理解し、うまく活かす必要があることを解説しました。

 

 

今回の出張講義では生徒さんの積極的な姿勢が光っていました。県民性が生み出す日本全国の珍しい方言を質問形式で提示して、共通語で言えばどう言うかを考えてもらいましたが、生徒の皆さんは楽しそうに考え、積極的に意見を述べてくれました。今回の出張講義が心理学・経営心理学に興味を抱くきっかけになれば幸いです。

 

東京富士大学ではこの他にも多種多様な出張講義を準備しております。キャリア開発教育の一環として、就学意欲醸成のためにご活用頂ければ幸いです。

 

東京富士大学出張講義
・「性格は変えられるか
・「クーポン券から経営心理学を考えよう!
・「10年後になくなる仕事・最近の就職事情
・「結果を残すための心理的な技法
・「経済学を使って大学進学の『価値』を測る
・「アニメにみる家族関係 (エヴァンゲリオンと精神分析)
・「経済・経営を学ぶ人のために
・「一生の間に、どれだけのおカネが必要なのか?
・「情報を活用するとどんな良いことがある?
・「東京ディズニーランドの『思想』と『仕掛け』
・「2020東京オリンピック・パラリンピックに参加しよう
・「経営学って面白い!~ドラッカーに学ぶ経営学~
・「驚きと感動をあたえるイベントアイデア発想法
・「お買い物が社会を変える!?
・「アニメにみる家族関係
・「Let it go はなぜ「ありのままで」になるのか?
・「性格と県民性

オープンキャンパス・イベント