NEWS

お知らせ
【ソフト】インカレ 死闘の末、終幕

9月2日(土)に開幕した文部科学大臣杯 第52回全日本大学女子ソフトボール選手権大会。初日の1回戦を完封勝利した東京富士大学が2回戦で対戦した相手は東海地方の強豪校である中京大学です。試合結果は以下の通りでした。

 

 

3時間を超える熱戦は息詰まる投手戦となりました。東京富士大学エースの千葉投手と、中京大学先発丹羽さんがともに一歩も引かぬ投球で脱三振ショーを繰り広げます。

 

試合が動いたのは4回表。東京富士大学がダブルスチールで1点を先制します。しかし、5日裏、すかさず中京大学に同点に追いつかれてしまいました。そして、試合はタイブレークの延長線に突入します。

 

東京富士大学は9回表に1点を追加しますが、すかさずその裏に追いつかれてしまいました。そして10回裏、追加点を許してしまい、サヨナラ負けを喫してしまいました。

 

敗れはしましたが、エース千葉投手は見事な投球を見せ、守備陣もエラーゼロでエースの好投を援護しました。中京大より多くのヒットを放ちながらも敗れてしまったのは勝負の綾といったところでしょうか。

 

今大会をもって、エース千葉投手、キャプテン深沢選手をはじめとする4年生たちは引退しますが、すぐさま秋季リーグ戦がスタートします。新チームでの戦いが始まりますが、引き続き東京富士大学女子ソフトボール部の応援をよろしくお願い申し上げます。

 

オープンキャンパス・イベント