NEWS

お知らせ
【授業紹介】テーマパークやゲーム産業から近未来のレジャーを探求してみよう

東京富士大学の授業は全て実践的。経営学科でもイベント学科でも「社会で活用できる」知識やスキルが提供されています。今回は数多くある授業の中から志塚昌紀の「レジャー・アミューズメント論」をご紹介します。

 

 

レジャーを日本語に訳すと「余暇」。「21世紀は余暇の世紀」といわれており、昨今では、生活の中に「ゆとり」や「癒し」を求める気運が高まっています。一方、アミューズメントにはゲーム機のようにエレクトロニクスを駆使したハイテクな娯楽も著しく進化しています。本授業では、世界のテーマパークから成功事例や課題を学び、これからのアミューズメント空間がどのように構築されるのか、未来を創造していきます。

 


【授業紹介】テーマパークやゲーム産業から近未来のレジャーを探求してみよう
【授業紹介】企業活動や消費生活は、環境にどんな影響を及ぼしているのだろうか
【授業紹介】不可能と思えるミッションを実現せよ!考えることが楽しくなる授業
【授業紹介】Accessを実践的に学び、情報化社会に必須のスキルを習得する

オープンキャンパス・イベント