NEWS

お知らせ
ゼミ発表大会が開催されました♪

東京富士大学の一大イベントであるゼミ発表大会が12月6日(水)に開催されました。ゼミ発表大会は専門ゼミに所属する学生たちが一年間の研究成果を発表するイベントです。発表大会に至るまでの入念な準備の中で、思考力、主張力、突破力などの「実務IQ」を高めることをその目標としています。

 

 

ゼミ発表大会は12時30分にスタート。3つの教室を用いて同時進行で行われました。学生たちは1年間の研究成果をより多くの学生に理解してもらいたいと考え、発表にも熱が入ります。緊張からか声が詰まったり、手が震えたりする様子も見受けられましたが、発表を終えた学生たちの顔には高揚感と満足感、達成感が浮かんでいました。

 

 

報告されたテーマは「ブロックチェーン革命」「残業ゼロ」「AIとロボット」「シェアリング・エコノミー」など最近注目を集めているものから、東京富士大学の課題解決型学修の取り組みを反映した「鳥取県日野町の活性化」「カミサカエリアの活性化」「信玄餅プロモーション企画」「熊本地震からの復興プラン」「アニメイベントの意義と課題」「リアル宝探しイベント」など地域活性化と結びついた報告テーマも多々見られました。

 

 

来年度から専門ゼミを履修する1年生たちも聴衆として参加し、ゼミ発表大会を来年度のゼミ選びの参考にしています。また、発表を終えた後の質疑応答では、多くの1年生が先輩たちに素朴な疑問をぶつける場面を見受けられました。

 

 

東京富士大学のゼミ発表大会はただ発表して、終りではありません。事前に提出した論文と当日のプレゼンテーションを大学外部から招聘した有識者に評価して頂き、順位を決めます。今年度表彰されたゼミは以下の通りです。

 

【金賞】【ベストプレゼン賞】藤森ゼミ
「地域活性化の提案-カミサカエリアの場合-」

【銀賞】【ベスト論文賞】深澤ゼミ
「消費者のネットショップ選択に関する研究-経験価値に注目して-」

【銅賞】伊波ゼミ
「What is vour love style?〜あなたの恋愛タイプは?」

【銅賞】山川ゼミ
「手塚コンテンツを活用した地域活性化の可能性に関する研究」

【審査員特別賞】岡星ゼミ
「リアル宝探しイベントの研究〜オリジナル企画を創るワークショップ〜」

【審査員特別賞】円成寺ゼミ
「ブラック企業は本当にホワイト化できるのか」

【審査員特別賞】企業ビジネス研究同好会
「地方創生に必要なことは何か-鳥取県日野町の事例を中心に-」

 

 

東京富士大学では今後も実務IQを高める教育に力を入れてまいります。受験生の皆さんはそれぞれ様々な特性を有しているでしょうが、社会人になり実務を担う人材になるために弱点を補強し、長所を伸ばすのが東京富士大学の実務IQ教育です。今後も様々なイベントを通じて実務IQを高めてまいります。今後も東京富士大学の教育活動にご注目下さい。

 

オープンキャンパス・イベント