イベントプロデュース学科

好きなことを「入口」に

「将来を決めきれないなら、皆さんの好きなことを「入口」に大学の学びをスタートさせてはどうか」− これが東京富士大学からのご提案です。イベントプロデュース学科が学びの入口とするのは、音楽、スポーツ、ゲーム、ブライダル、お祭り、町おこし…。好きなことだからそ興味が継続し、意欲を持って学び続けることができます。

Q. 「イベント=遊び」では?

イベント産業は先進国で最も成長が著しい産業です。モノに満たされた私たちは、感動・体験・経験を求めており、イベントを含むサービス産業はモノをつくりだす産業よりも存在感が増しています。

Q. 卒業時の学士号はどのような名称になりますか?

好きなことを「入口」に学び始めますが、最終的に身に付くのは「経営学」です。したがって、卒業時には「学士(経営学)」の称号が与えられます。

実習と講義の往復の中で

好きなことから学び始めるとはいっても、決して「遊び」ではありません。自分の好きな分野でイベントの実習を行い、学生たちはたくさん失敗をして大学に戻ってきます。この失敗こそが学びの「フック」になるのです。

失敗の原因を明らかにするヒントを経営学は与えてくれます。大学の講義で経営学を修めた学生たちは、次のイベント実習で同じ失敗を繰り返しません。しかし、別の失敗をして、大学に戻ってくる…この実習と講義の往復の繰り返しによって、経営学を体に染み付かせるのです。「好き」発「経営」行き…これこそが大学でしか得られないイベント学なのです。

Q. 専門学校でもイベントを学べると思うのですが…

大学で学ぶイベント学と専門学校のそれとは3つの違いがあります。(1)大学ではイベントの背後にある理論まで身に付く、(2)大学の方が少人数でイベントを学べる、(3)4年間あるので多様なイベント企画に参加できる、ことです。そのため幅広い業界で就職できます。

Q. どんなコースが選べるのですか?

自分の興味や希望に合わせて、3つの履修モデル(コース)から科目を選択できます。コースの詳細は以下をご覧ください。

Q . コースの内容を読んでもピンときません…

詳しい情報や皆さんの疑問は、オープンキャンパス、放課後キャンパス見学会でご説明します!お気軽にご相談ください。

選べる3つのコース

一年を通じて体験する現場実習によって、柔軟な思考と創造的なアイディアを備えた人材を育成します。

イベントの手法で経営学を身につけあらゆる業界で役立つ人間に

モノが充実した現代では、いかに人々を満足させられるかが求められています。
サービス関連産業が約7割を占める日本において必要なのは、驚きや感動。イベントにはそのノウハウが詰まっています。
本学科では、イベントの作り方を学ぶことで、どんな業界でも役立てる人材を育成。
企画力、会計管理、チームワークなどのビジネス感覚を養っていきます。
「モノ作り」から「コト起こし」へとシフトする日本では、イベントで習得した「コト起こし」の理論が、あらゆる業界につながって行きます。

スポーツ・
エンタテインメントコース

スポーツ・音楽・文化のイベントを学びます

イベントの効果・効用を理解して社会・文化に関わる業界での活躍を目指します。

主な授業名
● 企業論
● 経営組織論
● イベントプロデュース論
● イベント実施・運営論
● スポーツ・エンタテイメントイベント

期待される進路
● イベント業界
● 広告・マスコミ業界
● スポーツ・音楽業界
● 地方公共団体など

観光・
地域活性コース

地域活性化の方法や展示会・会議の運営を理解します

観光商品の開発、地域活性化、展示会・会議の運営に携わる人材を目指します。

主な授業名
● 企業論
● 経営組織論
● イベント企画
● 観光・コンベンションイベント
● ユニバーサルイベント

期待される進路
● 観光産業分野
● 展示会・コンベンション業界
● 地方公共団体
● テーマパークなど

PR・セールス
プロモーションコース

消費者サービスや販売促進のイベントを考えます

PRイベントの社会的価値を学び、販売促進企画・運営に携わる人材を目指します。

主な授業名
● 企業論
● 経営組織論
● サービス産業概論
● セールスプロモーションイベント
● イベント戦略論

期待される進路
● 国家・地方公務員
● 地方公共団体
● 福祉団体
● 企業の販売促進部門
● 広告・広報業界など

PAGE TOP