大学紹介

大学院

本学の伝統を生かし、さらに深い「ひとづくり」の場として

創立以来、本学は経済学、経営学の教育に重きを置き、実社会に役立つ多数の専門職業人を輩出しつづけてきました。この伝統的な教育をさらに深め、より高度な知識を有し実践的に社会で活躍できる人材の育成を目的に大学院を創設しました。

経営学系統と会計学系統の2領域を中核に、それぞれ3つの研究分野を設け、徹底した修士論文指導のもと研究を進めていきます。

要望の多い事業承継者の育成や起業を望む人に役立つ内容、今後も人材不足が叫ばれる高い能力を持った会計士や監査人の養成など、急速な社会の変化にも即座に応じられる、人間性豊かで実践的な人材を送り出したいと考えています。

教育の特色

オーソドックスな研究活動と最新のトピックスに対応できるよう、「経営学系」と「会計学系」の科目を中心に
カリキュラムが編成されています。また、院生の様々なニーズに対応できるよう幅広い領域の演習が用意されています。

専門性の高い職業に対応した
科目構成

専門性の高い職業に対応した科目構成管理者や職業会計人といった専門職にとって必要な専門知識を効率よく学べるよう科目が構成されています。基本的な科目は通年で、それ以外の科目は半期で履修できるので、様々な組み合わせで授業を組むことができます。

優れた実績を持つ質の高い
指導教員陣

指導教員には、専門分野で実績を積み活躍している研究者を本学内外から揃えました。また、現役の税理士や、ビジネス社会の第一線で活躍してきた研究者も揃えました。優れた実績を持つ指導教員の知識を直に吸収することができます。

個別指導のもとに完成を
目指す修士論文

修士論文を提出し合格することが卒業要件になります。修士論文の完成に向けて、テーマの設定から資料の入手方法、論文の構成など様々な面で演習担当指導教員はもちろんのこと、指導教員陣がきめ細かく指導して行きます。

6つの研究テーマ

※税理士試験2科目免除になるためには、税法系の演習を選択することが必要です。

オープンキャンパス・イベント