大学紹介

キャリアサポート

東京富士大学では在学生の進路実現に向けて1年次から手厚い支援を実施しています。
特に、地域社会と企業と密接に関わるため実際の企業で実務を行うインターンシップに力を入れています。

インターンシップ3つのポイント

1年次より参加可能

仕事とは社会とは何か。自分の適性はどこにあるのか。多くの経験から将来の目標を見つけるためにも、1年次よりインターンシップを実施しています。

単位として認定

インターンシップは専門科目に認定されています。所定の課程を修了すれば2単位を取得することができます。

手厚いサポートを実施

インターンシップ前の事前研修や研修後の事後研修を行うことで、インターンシップで気づいた内容を将来の進路に活かせる支援を行っています。

インターンシップの流れ

キャリアガイダンス

就職活動って何をするの?
そんな基本的な疑問の答えから企業研究、面接での自己表現のアドバイスまで、就職活動に役立つ知識を取得して自分を磨く講座がキャリア&就職ガイダンスです。外部講師や卒業生も招いて5~12月の毎週水曜日に開講。学年を問わず出席することができます。

キャリアデザイン

キャリアデザインとは、仕事を考えることの大切さに気付き、将来を設計していくことです。東京富士大学では1年次より企業を招き、職業について考える授業を行なっています。

オリエンテーション

将来の目標に必要な学びは? 取得すべき資格は?
全学年を対象に開口されるオリエンテーションでは、資格講座やキャリアアップ講座について指導。卒業後を視野に入れながら、一年間の時間割を作ります。

常識テスト・適性検査

多くの企業が面接以外にも筆記試験を行なっています。東京富士大学では「一般常識テスト」や「職業適性検査」を実施。また、筆記試験と面接の集中対策講座も開いています。

キャリア開発センター

就職や進路の支援はキャリア開発センターが中心に行います。センターの拠点である6号館では、就職情報の掲示や個別面談のほか、教職員やカウンセラーが常駐して随時相談に対応。学生一人ひとりの志望や個性を理解し、「自分の力を最大限に発揮しうる将来」を見つけていきます。就職、企業、大学院、留学など…多様な未来に応えるキャリア開発センターは学生の心強い味方です。

学内企業説明会

就職活動解禁直後から、さまざまな企業の採用担当者を学内に招いて説明会が開催されます。各業界の特色や現状、事業内容、展望などについて詳しい説明を聞き、担当者と直接話せる機会です。3年生だけでなく会社研究を希望する2年生も参加することができます。

個別進路面談

3年次の5月になると、教職員との個別進路面談がはじまります。就職か進学かで悩む学生は進路について、就職を希望する学生は自分にあった仕事を。それぞれ自己分析しながら先生と一緒に見つけていきます。

資格取得対策講座

将来の夢に近づく手段の一つに資格の取得があります。東京富士大学では様々な資格や検定を視野にカリキュラムを配置。資格を取得することで知性や教養を養い、自分自身のキャリアアップを目指して下さい。

秘書技能検定、公務員試験、日商簿記検定、販売士試験、カラーコーディネーター検定、ファイナンシャル・プランニング技能士検定、ITパスポート、ビジネス実務法務検定、イベントクリエーター、イベントコーディネーター

オープンキャンパス・イベント