東京富士大学

資料請求

新着情報

学生パフォーマンスLIVE<東京大会>が大盛況開催!

7月20日(土)、学生パフォーマンスLIVE<東京大会>が東京富士大学 二上講堂で開催され、イベントゼミ生約50名が運営をお手伝いしました。

学生パフォーマンスLIVEは、バンドやダンスを頑張っている高校生たちが、それぞれの個性を表現し、パフォーマンスを競い合う総合的な音楽ライブイベントです。東京大会には、総勢33チーム・365名(バンド部門16チーム・ダンス部門17チーム)が参加し、熱いパフォーマンスLIVEが繰り広げられました。

今回、イベントゼミ生が運営の中で担当したものは、受付に始まり、各チームのアテンド、道案内、会場の準備・後片付け、お弁当の仕訳等多岐に及びます。そのため、ゼミ生は毎週のゼミの時間を利用して打ち合わせを重ね、お互いの役割や必要な情報を共有してきました。

その努力の甲斐あって、当日はスムーズに大会を進行させることが出来、各出場チームは気持ち良くパフォーマンスを繰り広げられたものと思います。

また、今回の東京大会には沢山の一般参加者も来場し、大会後半には常に立ち見が出る盛況ぶりでした。ここでもイベントゼミ生が活躍し、混乱することなく一般参加者を案内していました。一般参加者を合わせると、今大会の参加者総数は約1,000名となり、本学ではかつてない規模のイベントとなりました。

全てのパフォーマンスが終了した後に、審査結果が発表されました。彼らは、11月3日開催の「FINAL」へ出場することが出来ます。本来決勝に進めるのは、「最優秀パフォーマンス賞」「優秀パフォーマンス賞」から各2チームづつ、計4チームの予定でしたが、あまりのクオリティの高さに「優秀パフォーマンス賞」が各1チームづつ追加され、計6チームが進めることになりました。

審査結果は以下の通りです。

【バンド部門】
最優秀パフォーマンス賞
BL Cupid(東京都立 葛飾総合高等学校)


優秀パフォーマンス賞
心奏(東海大学付属浦安高等学校)


優秀パフォーマンス賞
太ももファイターズ(東京都立 鷺宮高等学校)


【ダンス部門】
最優秀パフォーマンス賞
Crazy party(東京都立 鷺宮高等学校)


優秀パフォーマンス賞
G:nina(トキワ松学園高等学校)


優秀パフォーマンス賞
LA$Ses(東京都立 東村山西高等学校)



※参加者集合写真

大会終了後には二上講堂4階のプリズームホールへ移動し、アフターパーティーが行われました。


そしてここでは、審査員などによる【特別賞】の発表が行われました。

エイベックス賞
KCD(東京都立 葛飾商業高等学校)


ホリプロ賞
tuneful highway(中央大学杉並高等学校)


Go!Go!GUITAR賞
ニュートンの林檎(駒澤大学高等学校)


LOCKY賞
Clasher(東京都立 狛江高等学校)


東京富士大学賞:バンド部門
the Sound World of Five(大東文化大学第一高等学校)


東京富士大学賞:ダンス部門
26girls(駒沢学園女子高等学校)


FACE-ON賞
GROW(東京都立 府中西高等学校)


11月3日(『東京富士祭』開催中)には、決勝大会が東京富士大学の二上講堂で開催されます。決勝大会には、今回の東京大会、8月1日開催の相模原・町田大会、10月6日開催の北埼玉大会、各大会を勝ち抜いたチームにより争われます。
ぜひ、楽しみにして下さい。

※最後はゼミ生揃っての集合写真