東京富士大学

資料請求

新着情報

女子ソフトボール部が東京都大学連盟 一部リーグに昇格しました!

東京富士大学ソフトボール部
監督 藤原 徹


2012年、東京都大学女子ソフトボール秋季女子リーグが終了しました。
本学は、4月・東京都大学連盟に新加盟、三部リーグからのスタートであったが、春季リーグ優勝、入替戦に勝ち二部昇格・秋季リーグも二部優勝、一部との入替戦に臨み、日本女子体育大学に勝ち、 来季から最短の一部リーグ昇格が決りました。
ソフトボール部長の二上副理事長の御指導のもと、本校専用の日高研修ソフトボール場において大学関係者・保護者など. 沢山の応援を受け、一年中心のチームが、最後まで諦めず、己に勝つ精神で目標達成に向け、連日頑張った成果が、念願の一部昇格に繋がったと、皆様に感謝しています。
有難う御座いました。
一部昇格は通過点、来季からが本当の勝負になります。 チームは更に精進し頂点を目指します。
入替戦 試合結果
11月4日(日)
対戦:日本女子体育大学
会場:東京富士大学日高総合グラウンド
小林投手 散発3安打に抑え完封勝利 一部昇格決る

1 2 3 4 5 6 7
日女体育大学 0 0 0 0 0 0 0 0
東京富士大学 0 0 0 1 0 1 X 2
P 佐藤 - C 角本
P 小林 - C 荻野



日女体大・1部残留、東京富士大・1部昇格。 両校の必勝決戦は、初回、日女体大が、一死後、ヒット・四球でチャンス、しかし小林の力投で4・5番打者が連続三振,、2回以降立ち直った小林投手は、5回まで日女体打線を完全に抑えた。
一方、東京富士打線は、3回まで佐藤投手に完全に抑えられていたが、打者一巡の4回、先頭・濱岡のバントを3塁手が慌てて悪送球で無死2塁のチャンス、吉田のバントで3進後、3番荻野がセンター前のタイムリーヒットで待望の先取点。 さらに6回、一死後・吉田・荻野・田口の3連打で貴重な1点を追加した。
日女体は、7回・無死からヒットと1塁前バントを下小鶴が慌ててジャグル、反撃に出たが、後続の代打3人を小林が凡打に抑え逃げ切った。東京富士大学は、最短の一部昇格を決めた。