東京富士大学

資料請求

新着情報

新宿歴史探訪 『新宿とその周辺を訪ねる』 その3 港区(四谷から青山)

新宿歴史探訪 「青山・赤坂界隈の史跡と文化財を歩く-家康江戸入府に伴う青山忠成の屋敷拝領伝説を中心に-」
 平成25年11月30日(土) 東京富士アカデミーでは、新宿歴史探訪 「青山・赤坂界隈の史跡と文化財を歩く-家康江戸入府に伴う青山忠成の屋敷拝領伝説を中心に-」開講いたしました。
 当日は天気に恵まれ、大変気候の良い中の史跡巡りとなりました。
 いつもの様に、午前中は座学にて今回のテーマである「内藤清成と青山忠成の屋敷拝領伝説」について北見恭一先生よりご教授いただきました。内藤清成同様、青山忠成も馬を以て乗り廻ったその地を拝領したとのこと。大変興味深い伝説であります。


 午後は、お待ちかね、お楽しみの史跡巡りです。
 四谷見附・四谷見附橋から旧赤坂離宮(迎賓館)へ。万治2年(1659)に設けられた紀尾井坂上から赤坂離宮前に出る土手口で、江戸城の乾の方角に当たるために城門を設けず、外堀に土手橋を築き柵門を建て、番士を置き、敵の侵入を防ぐため喰違構造した喰違見附見て廻りました。


四谷見附橋

旧赤坂離宮(迎賓館)

 そして豊川稲荷神社、浄土寺、鈴降稲荷神社。江戸中・後期に活躍した「雷電為右衛門」のお墓のある報土寺、亡き乃木大将の崇敬者を集めた中央乃木会が旧乃木邸隣接地に神社を建設した乃木神社。今でも旧乃木邸と馬小屋が港区の指定有形文化財・建物として残っております。


豊川稲荷神社

報土寺

乃木神社

 所々急な上り坂や下り坂が存在しましたが、皆さんお声を掛け合い、すばらしい紅葉を楽しみながら、約3時間の史跡巡りでした。

 最後青山霊園では、幕末から明治初期の薩摩出身の政治家 大久保利通の墓【東京都指定旧跡】を巡り終了となりました。

大久保利通の墓【東京都指定旧跡】

 次回は、平成26年4月12日(土) 豊島区または渋谷区を予定しております。
 詳細はこちらのホームページでお知らせ致します。