東京富士大学

資料請求

新着情報

イベントゼミ生が江戸3大祭り「神田祭」に実習参加

5月11日(日)絶好の五月晴れの中、歴史と伝統の「神田祭」にイベントゼミ2年生33名、3年生8名、4年生のTA(ティーチングアシスタント)3名、教員4名の計48名が実習参加しました。

昨年、岡村学長のゼミ生だった本学OGの秦さんの勤め先(丸紅)が祭りの幹事会社ということでイベントプロデュースの後輩たちに声をかけていただき、「神田祭」に初参加しました。昨年は震災以来4年ぶりの開催ということで盛大でしたが、今年は蔭の年ということで神田明神への宮入りは無く、丸紅周辺の練り歩きとなりました。

祭り当日はお神輿を担ぐ学生は朝8:00、練り歩きの学生は8:30に丸紅本社に集合。丸紅の社員の方約300名と一緒に記念撮影の後、お神輿がある出発地点に向かいました。



発輿式を経て、いよいよお神輿開始。まず平将門の首塚への挨拶を終え、大手町周辺を練り歩き。昨年に劣らぬピーカンでじりじりと暑くなるため、こまめな給水が必要でした。中国からの女子留学生がハッピ姿でお神輿担ぎに初挑戦! もちろん、その後の彼女たちの肩はヒリヒリでした。



ちょうど正午に休憩地点のサンケイビルに到着。お待ちかねの昼食、お弁当と飲み物とで疲れを癒しました。

午後からは、丸紅本社に神輿が立ち寄った後、平将門の首塚にて〆めの儀式でお開きです。高揚と達成感と疲れ、でも爽快な気分で無事全行程を終えました。

イベントの中でも祭りは特別な感慨があります。伝統イベントを見るのではなく自身が参加するという貴重な体験をした学生たちは、さまざまな気付きや発見があったようです。みんなで祭りを経験したことで、ゼミの一体感が格段に増しました。これもイベントの効用です。ぜひまた来年も参加させていただきたいと思います。 (イベントゼミ担当教員 岡星)