東京富士大学

資料請求

新着情報

本学が〝2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会〟成功に向けて大学連携協定を組織委員会と締結しました!

2014年6月23日(月)、早稲田大学大隈記念講堂大講堂にて、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会大学連携協定締結式・記念シンポジウム」が開催されました。本締結式は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功を目指すことを目的として開かれました。一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が各大学と連携することで、大学の特色を活かしてオリンピック教育(オリンピックを題材とし、世界に広がる多様な価値を学ぶこと)の推進。オリンピックの理念に基づき、体育やスポーツという分野にとどまらず〝教育活動〟や〝文化活動〟について積極的に取組を進めるための第一歩として開催されました。
現在、締結を結んだ大学は552校(公立大学・私立大学含む)。今回の締結式では、本学も含め、約200校近くの大学が一同に集結しました。式典では、組織委員会会長を務める、森喜朗氏(元首相)の挨拶をはじめとし、共催校・参加大学を代表として、早稲田大学の鎌田薫氏、組織委員会評議員代表として、首都大学東京の川端三郎理事長が開会の挨拶をされました。
また、ロンドンオリンピック陸上競技400mリレーに出場した大東文化大学1年の土井杏南さん、ソチパラリンピックアルペンスキーに出場した信州大学4年生の山崎福太郎さんらが、学生代表として一言ずつ述べ、第1部の最後では、AISTS会長を務めるジャン・アンダー・マンソン氏が来賓の挨拶をされました。
その後、式典を記念し、各大学の代表者やアスリートたちが登壇し、それぞれが協定書を手に、2020年に迎える東京オリンピック成功に向けて誓いを交わしました。本学からは、イベント社会工学研究所事務局長の大山利栄氏が代表として出席いたしました。