平成28年度東京都生徒商業研究発表大会、本学で開催!

ニュース一覧

平成28年度東京都生徒商業研究発表大会、本学で開催!

平成28年度東京都生徒商業研究発表大会が本学二上講堂で開催されました。

 去る8月27日(土)、平成28年度東京都生徒商業研究発表大会(兼全国高等学校商業研究発表大会東京都予選/主催・東京都商業教育研究会調査研究分科会)が、本学二上講堂で開催されました。
 これは、東京都の商業を学ぶ生徒が自ら課題を設定し、その解決を図る研究活動を発表する大会で、今年度は次の都立高校10校(発表順)が参加しました。校名と発表タイトルは以下の通りです。

最優秀賞には東京都立江東商業高等学校が選出されました。

 ☆ 芝商業高等学校「竹芝地区のまちづくり ~アンテナショップで賑わいを~」
 ☆ 第五商業高等学校「テーマパークとホテルのホスピタリティ ~新たな思い出を作るために~」
 ☆ 第四商業高等学校「きゃべつで包もうみんなの気持ち ~高校生の私たちが練馬でできること~」
 ☆ 第一商業高等学校「未来のインバウンド&TOKYO ~インバウンドの増加とその問題点~」
 ☆ 葛飾商業高等学校「葛商実習店舗で葛飾元気野菜を販売 ~新鮮野菜で地産地消を推進し、地域活性化を実現!葛飾しあわせなまちプロジェクト~」
 ☆ 赤羽商業高等学校「働くママさんたちの応援団 ~高校生にできる子育て支援~」
 ☆ 荒川商業高等学校「私たちの絆のカタチ ~レガロ工房株式会社の「官学連携」~」
 ☆ 江東商業高等学校「訪日外国人旅行者の誘客について ~ホスピタリティ観光産業による地域コンサルティング~」
 ☆ 千早高等学校「越 ~グローカル×コトラーのマーケティングの実践報告~」
 ☆ 大田桜台高等学校「Let you know OS!! ~Relations we made~」

 各校12分間、あわせて2時間以上に及ぶ熱いプレゼンテーションが繰り広げられた結果、江東商業が最優秀賞に輝き、京神ブロック代表として全国大会への切符を手にしました。また、優秀賞は葛飾商業・大田桜台の両校が獲得しました。江東商業高等学校の皆さん、おめでとうございます。

 東京富士大学では、長谷川裕恭学長が来賓として挨拶を行ったほか、山川悟教授(マーケティング論)が大会審査委員及び全体の講評を行ないました。広告会社で実務経験も豊富な山川先生は「チームで企画を進めるにあたっては、言葉の定義をきちんとしておくことが大切。例えば『仮説』という言葉の捉え方がバラバラではうまく進まない」といったアドバイスをされました。

 本学では今後とも、商業を学ぶ高校生たちとの教育連携をさまざまな形で進めることにより、わが国の実務教育の向上に寄与していきたいと考えております。

 本大会に携わった関係者の皆様、お疲れさまでした。